ウズベキスタン旅行で外せない一品を巡る旅 各都市で味わうウズベクグルメ

旅行には欠かせない、美味しい現地料理。
ウズベキスタンにも様々な料理があります。

日本ではあまり見かけないウズベク料理ですが、基本的に味付けは油と塩で、クセのあるスパイスや調味料を使うようなことはほとんどなく、日本人にとっても美味しいと思えることが多いようです。
旅行で来たらどこで何を食べるのがおすすめなのか、タシケントから順番に巡ってみましょう。

定番料理も郷土料理も外せない タシケント

タシケントでまず訪れたいのはパロフセンタ―(現在はレストラン名を改め「Beshqozon」という名になっています)。
パロフ(プロフ)は、ニンジンや肉と一緒にたっぷりの油で炊き上げたお米料理。

 ※パロフ:ウズベク語、プロフ:ロシア語のため、こちらでは「パロフ」と表記します

日常でもよく食べ、お祝いの席でも必ず用意されるウズベク版ピラフ。
パロフセンターは地元の人も大勢利用する食堂で、何個もの大釜で大量のパロフが作られるところを見られます。
どんなレストランでも食べられるパロフですが、少量で作られたものよりも、大鍋で一度に大量に炊くパロフの味は格別!
タシケントでパロフを食べるなら間違いなくおすすめの場所です。

同じくウズベキスタン定番料理のラグモン。
多くの中央アジア周辺の国々で食べられる手打ちうどんです。
肉と野菜の旨味をたっぷり含んだトマトベースのスープは、旅行中何度でも食べたくなる美味しさ。
ラグモンも各地で食べられますが、タシケントやフェルガナが特におすすめです。

タシケントで食べておきたいもう一品はノリン。
牛肉と羊肉が混ぜ込まれた細かい麺を、つけ麵のようにスープに浸して食べます。
ほかの都市では食べられない、タシケントの郷土料理。
お肉の旨味が効いた素朴な味が美味しい一品です。

歴史とこだわり満載のパロフを味わえるサマルカンド

パロフはサマルカンドでも食べておきたいウズベクグルメ。
都市によって具材や作り方に大きく違いのあるパロフですが、サマルカンドパロフは一番下にお米、その上にニンジンとひよこ豆、一番上に肉を盛りつけ、具材を混ぜ合わせないのが特徴です。
紀元前にアレクサンドロスにもてなしたという記述が残っているとされることから、サマルカンドでは、ウズベキスタン内のパロフ発祥地はサマルカンドと主張する人が多いよう。
タシケントで具材が混ぜ合わせられているのは、サマルカンドから運ぶ道中でお米と具材が混ざってしまい、それを正しい作り方だと勘違いしたから、と冗談なのか本気なのか説明する人もいるほど。
そんなエピソードをもつサマルカンドパロフは、見た目もきれいで、サマルカンド人が誇るのも納得の美味しさ。
ぜひ、旅行の際は各地のパロフを食べ比べてみてください。

ビール工場直営のレストラン含め、ビール街のあるサマルカンド。
シャシリクは、美味しいビールにぜひ合わせたいウズベク定番肉料理です。
30センチ定規ほどの大きな串にさした一口大のお肉を、炭火でこんがり焼き上げます。
柔らかくジューシーなお肉は満足感も高くて、ジョッキを持つ手が止まりません。
羊肉、牛肉、鶏肉、ひき肉と種類も様々。大勢でいろんな種類を頼むのもおすすめです。

ユルタで遊牧民料理も楽しめるブハラ

ちょっと小腹が空いたとき、焼き立てをさくっと買って手軽に食べ歩けるサムサ。
パイ生地、もしくはパン生地の中に、お肉やカボチャなどの具材が入っています。
町を歩いていると、サムサを焼く小さな窯を店前においている飲食店を多々見かけます。
タイミングが良ければ焼いているところを見せてもらえるかも?
三角形や四角形が一般的なサムサですが、ブハラでは雫型のサムサが流行っているよう。
また、ブハラの郊外「Olot」で昔から作られていたオロットサムサは、オーブンで焼き上げるサムサですが、最近ウズベキスタン全土で専門店が作られ人気を集めています。
あつあつサクサクの生地に、トマトソースをたっぷりかけて召し上がってくださいね。

ブハラには、中央アジアの遊牧民の居住テント「ユルタ」で食事ができるレストランも。
伝統的な遊牧民料理がメインのこのレストランでは、美味しいマンティも食べることができます。

中央アジアで広く食べられ、一般家庭でも日常的に作られる蒸し餃子、マンティ。
一口かじると、羊肉の旨味たっぷりの肉汁が口いっぱいに広がります。
肉の油っこさが気になるときは、水切りヨーグルトをかけて食べるのもおすすめ。
異国情緒満載の空間、美しいスザニで飾られたユルタの中で食べるマンティはひときわ美味しく感じられます。

ここでしか食べられない一品もたくさんのヒヴァグルメ

ホレズム地方でしか食べられない郷土料理、シュビット・オシュは、ディルなどの香草を練りこんだ麺に、トマトソースと水切りヨーグルトをかけた料理です。
ヒヴァでは多くのレストランで食べることができ、一般家庭でも、麺から手打ちで作られています。
香草をたっぷりつかってはいるものの、まったくクセがなく食べやすい麵で、お肉と一緒にじっくり炒められたトマトソースがとても美味しい一品です。

トゥフム・バラクも、ヒヴァ以外では見かけない地方料理。
「トゥフム」はウズベク語で卵のこと。中身が卵の蒸し餃子です。
油と塩の多いウズベク料理の中で、素朴で優しい味のトゥフム・バラクは、ほっと心落ち着く一品です。
こちらも水切りヨーグルトをかければ、よりさっぱりした美味しさを楽しめます。

美味しい料理がいっぱいで、グルメ旅も楽しめるウズベク旅行。

定番料理は基本的にどのレストランでも食べられることが多いですが、地元民に人気の安くて美味しい食堂や、郷土料理のあるレストランは、なかなか見つけるのが難しいことも。

SRP TRAVELでは、スルーガイドプラン、各都市ガイドプランではその土地で美味しく食べられるレストランへお連れします。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

SRP TRAVEL タシケント発着ツアーページ

関連記事一覧

  1. ウズベキスタンの郷土料理
  2. カザンケバブ
  3. サマルカンド民家レストラン
PAGE TOP