女性が惚れ込むウズベキスタンのスザニ刺繍

白い生地にカラフルに刺繍された生地

ウズベキスタンの旅行中に見かけるカラフルな糸で刺繍された布。ホテルのベッドカバーや壁掛け、またお土産屋で見かけ、物欲が抑えきれなくなる人も多いことでしょう。

大輪の花、ザクロ、鳥など色とりどりに刺繍された「スザニ」について歴史や地域によっての特徴、おすすめの購入場所などについてご紹介します。

カラフルな刺繍スザニのベッドカバー

代々受け継がれるスザニ刺繍の伝統

「スザニ」という言葉はペルシャ語で「縫う」という意味の「スザン」から来ています。

「スザニ」と日本語のガイドブックでも紹介されており、ウズベキスタンを知っている日本人の中でも、「スザニ」「スザニ刺繍」と呼ばれています。

※ ウズベキスタンでは「KASHTA(カシタ)」と呼ぶ人が多く、「スザニ」は観光客と接しない人々には通じない言葉。しかし、日本でも「スザニ」という言葉の方が聞きなれているため、ここでも「スザニ」という言葉を使います。

スザニは17世紀ごろから中央アジアあたりの遊牧民の女性たちが手刺繍で代々受け継いできた伝統のひとつだと言われています。

赤い生地に刺繍をする女性の姿

昔は、母親や親戚が縫いながら娘に縫い方を教え、残りを娘が刺繍しました。大きなベッドカバーや壁掛けを完成させ、嫁入り道具の一つとして持たせたと言います。

近年、その伝統はなくなってきていますが、昔から代々受け継がれているスザニを壁にかけたり、クッションカバーの一部に使用したり、また娘に譲ったりと今でも使われています。

赤い生地に刺繍された生地

地方によって、家庭によって楽しめるスザニ刺繍の柄模様

刺繍の模様は地域によって特徴があります。

旅行でウズベキスタンを周遊すると、首都タシケントから西部ヒヴァまでそれぞれのスザニのデザインを見ることができます。

すべて一点ものなので、気に入ったデザインのものがあれば、ぜひ交渉してみると良いでしょう。

サマルカンド・ウルグッドのスザニ刺繍

スザニバザールとも言われる、サマルカンド近郊ウルグッドでは、ゾロアスター教の影響とみられる「火」の模様が描かれています。

太陽の赤と黒色模様の刺繍生地

火をモチーフにしたスザニ刺繍は伝統的な儀式の時に壁や庭に飾られます。

ゾロアスター教では、火を神聖視し、生活に不可欠な物として、絶えず消えてはいけないものと考えられていました。

そのため、サマルカンドでの結婚式では、伝統的な儀式を行う際に、火をモチーフにしたスザニ刺繍が飾られ、儀式の間も火が使われる行いが数回あります。

またウルグッドのスザニ刺繍のデザインの中には、お客さんをもてなすという意味のティーポットをモチーフにした模様もあり、原色系が多いのが特徴です。

ティーポットの模様が刺繍された生地

ブハラのスザニ刺繍

ブハラの刺繍は円型に花を刺繍し、真ん中、中心部にメダリオンというデザインがブハラデザインです。

白地に大輪の花やザクロ、鳥を刺繍する落ち着いたスザニはブハラのもの。チューリップやカーネーション、ザクロや太陽と月など様々な模様が施されています。

白い生地に刺繍された刺繍生地

ブハラのお土産屋にはたくさんのスザニ屋があり、サマルカンドのものよりも値段が高めですがクオリティが高いものが多いです。

おすすめはシルク生地に刺繍されたもの。

シルク生地に刺繍されたクッションカバー

比較的、色鮮やかで日本人好みの色のものがブハラやギジュドゥバンのスザニ刺繍という印象をもちます。

幾何学模様が美しいヒヴァのスザニ

ヒヴァのイチャンカラにあるシルクカーペットの工房で売られているスザニは幾何学模様のクッションカバー。

他の町のデザインとは全く異なり、幾何学模様の中に植物が描かれています。

値段もウズベキスタンのスザニの中で高価ともいえますが、刺繍糸の色合いやデザインがとても美しく整っている印象です。

幾何学模様のクッションカバー

日本人好みのギジュドゥバンのスザニ

ブハラから車で約1時間、ギジュドゥバンという町に一つの工房があります。

陶芸家として有名な、アブドゥッロ・ナズルラエフ氏の工房です。

ザクロや唐辛子模様に刺繍されたクッションカバー

そこの女性親族がスザニ刺繍をしていますが、刺繍糸がとても鮮やかで優しい色。ザクロ、玉ねぎの皮など自然の素材で糸を染めています。刺繍の縫い方を見せてくれることもあるので、時間がある場合にはぜひ工房にお邪魔してみるのも良いでしょう。

ブハラとサマルカンドの間にあるので、車移動の場合にはぜひおすすめのスポットです。

タシケントのチョルスーバザール

タシケントのチョルスーバザールにはミシン刺繍のものが多く売られています。

ベルベット生地にミシン刺繍されたもので、価格は手刺繍よりも安いです。

ミシンで刺繍された生地

ミシン刺繍ですが、細かい模様まで丁寧に制作されており、ミシン刺繍を好む人も多くいます。

黒や紺、またはワインレッドのような重みのあるダーク色の生地に鮮やかな糸で大輪の花が刺繍された大きな生地。

大きさのわりに値段も手ごろなためベッドカバーやピアノカバーとしてもよく使われています。

スザニ刺繍はどこで買える?

種類の豊富なウルグッドバザール

スザニ刺繍をたくさん安く買いたいという、スザニ目当ての方はサマルカンドから約1時間ほどの場所にあるウルグッドのバザールがおすすめです。

レギスタン広場周辺からバスやタクシーで行くことができます。

ウルグッドバザールは、ウズベキスタンの中でも限られた巨大なマーケット。

日用品からお土産まで、何でもそろい、地方の商人もここで品物を仕入れています。

ウルグッドバザールの布売り場

刺繍の種類も豊富で、ウルグッドやサマルカンドのデザインが多いですが、様々な地方のスザニも買うことができます。生地の種類や縫い方によって、値段が随分変わってくるので、好みのものをぜひ探してみてください。

大きなカラフルなスザニ刺繍を売る女性たち

ウズベキスタン各地のバザールやお土産屋で一目惚れ商品を探求

ウルグッドバザールやギジュドゥバンは観光地から少し離れた場所にあり、弾丸ツアーで回るには少しタイトなスケジュールになります。

サマルカンドやブハラのお土産屋にはたくさんのスザニ刺繍が売られているので、時間がない場合は各地のお土産屋でぜひお好みのスザニ刺繍を見つけてください。

ウズベキスタンの観光地には、大きな壁掛けからクッションカバー、またポーチなど小さなものにもスザニ刺繍を用いたお土産が売られています。

白い生地にカラフルに刺繍された生地

全て一点ものなので、気にいった物があれば値段交渉してみましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP